1億5千万のアメリカ人が毎日コーヒーを飲み1日をスタートさせています。(成人の約83%)コーヒー豆の魔法なしでは、1日をスタートすることが想像できないほど1杯のコーヒーにエネルギーや集中力を求め楽しんでいるのでしょうね。しかしまだまだコーヒーの恩恵に懐疑的で様々な迷信を信じている方がいるのも事実です。

そこで、今回はコーヒーにまつわる4つの迷信を取り上げてみます!

迷信その1:コーヒーは脱水症状を引き起こすCoffee dehydrates you
この迷信はおそらく、最も広く信じられている迷信の一つと言えるでしょう。コーヒーには利尿作用があるので、体内の水分を奪うと長年伝えられてきました。コーヒーを飲むとトイレに行く回数が増えますが、他の飲み物でも基本は同じ。この迷信を信じている方は、コーヒーのメリットの大切な部分を見落されているのでは・・。飲み物としてのコーヒーの成分の割合はカラダをうるおす水分であるということ。そして一杯のコーヒーに含まれるカフェインは、ごくわずかで、カラダを目覚させるエッセンスとして親しまれています。

迷信その2:コーヒーを飲むと体重が増えるCoffee makes you gain weight
この迷信は真実でないだけではなく、むしろ逆!コーヒーは新陳代謝が11%上がり、ウェイトケアが期待できる飲み物なのです。実際、食欲を抑制するためにも飲用されています。コーヒーを飲んだ後に食欲が緩和されるのはそのためです。ダイエットをスピーディーに楽しみたい方にとってコーヒーは、迷信とは逆に、魅力的な飲み物と言えるかもしれません。

 

迷信その3:コーヒーは成長を妨げるCoffee stunts your growth
妊娠中にコーヒーを飲むと胎児の成長を妨げるという噂は、不可思議な伝達力のある迷信です。この迷信は、20世紀初頭に”子供のために、カフェインフリーの飲み物を!”と謳ったメーカーの宣伝力により今も人々に伝えられていることなのです。“まさに過去の宣伝力による迷信”であり、現在も誤解を招き、コーヒーのメリットを打ち消す迷信の一つなのです。

 

迷信その4:コーヒーはカラダに悪いCoffee is bad for you
またしてもこれは、よく聞く迷信です。コーヒーはカラダに良いと見直されている食品の一つです。血圧リスクを低減させる他、コーヒーは様々な疾患のリスクを減らすだけではなく、コーヒーやカフェインの成分が脳機能の改善、脂肪燃焼、肝硬変やパーキンソン病、アルツハイマー病のような脳異常リスクを減らすのではと、改めて見直され期待されている食品です。トータル的に、1日3-4杯のコーヒーを飲むことはカラダにうれしい事と言えるのではないでしょうか。
以上、コーヒーにまつわる4つの迷信とコーヒーに期待されている事実についてお伝えしましたが、いかがでしたか?次にこれらの迷信が話題になった時は、美味しいコーヒーを飲みながら”コーヒーと健康”についてトークしてみるのも良いかもしれませんね。

それでは、今日もコーヒーでグッドライフをお楽しみください!