シズルカフェが美味しく、 ヘルシーなのは シズルカフェ のコーヒー豆全て最新鋭の遠赤外線焙煎機により焙煎しているから。 焙煎した時の豆の香りと美味しさをそのままパッケージングするために最適な製法を採用しています。 多くのコーヒーメーカーがコーヒー豆を焙煎する際、製造効率を考え、 およそ 224℃ の高温熱で“煎る”のが通常なのですが、 シズルカフェのコーヒー豆は直火ではなく約 1 98 度の遠赤外線で丁寧に煎る事から焙煎が始まります。 高性能ゆえにこの焙煎機を採用している企業は、 世界でもまだ 2% ほどの普及だとされています。 シズルがその遠赤外線焙煎方法というこだわりの製法をシズルカフェに取り入れた 4 つの利点について、 最新の科学とコーヒーの専門家の意見を元にご案内します!

 

Woman pauses from her morning run in the park to take a relaxing coffee break.

1.  低温焙煎でより健康的なコーヒー

高温焙煎は、 私たちの体の免疫システムに悪影響を及ぼす物質を副生することが懸念されています。 遠赤外線で丁寧に低温焙煎することで、焙煎中も焙煎後も不要な副産物を生成するリスクを限りなく下げることができるからです。

 

 

Kaffe_Blog-Burn

  1. 焦げたコーヒー豆がない

昔ながらのロースターをご存じの方は、 コーヒー豆が焦げたような不快な匂いをかいだことがあると思います。 赤外線焙煎の場合、温度が管理され、コーヒー豆が焦げることなく均一に焙煎されます。

 

A woman preparing to drink her tea

  1. 遠赤外線焙煎コーヒー豆は香りが豊か

コーヒー愛飲者達がコーヒーを愛する理由の一つにコーヒーを淹れているときのアロマに魅せられたからという方がいます。 遠赤外線で焙煎した豆は、コーヒー豆に含まれる香りを逃さないので、平均して 25% 以上も強く新鮮なコーヒーの香りを感じられると言われています。 遠赤外線で焙煎している最中の香りも最高です!

 

Acid or Base

  1. 酸が少ない

コーヒー豆を焙煎する過程で酸が生成され、 その酸が胃を荒らすという理由でコーヒーを飲まないという方は多いのでは?遠赤外線で低温焙煎した豆は酸が少ないことが明らかとなっています。 ですから遠赤外線焙煎コーヒーを使用しているシズルコーヒーはより多くの方に上質な味、 そして健やかさをサポートするシズルカフェとしてお楽しみいただいてます。

 

シズルだけのオリジナルゲイシャ豆ブラックコーヒーで、 上質なコーヒータイムをお楽しみください。

 

Save

Save